• Instagram
Please reload

最新記事

現代型進化論② NY個展開催のお知らせ

October 7, 2016

1/1
Please reload

特集記事

現代型進化論② NY個展開催のお知らせ

October 7, 2016

 

KROUD SOLO EXHIBITION  “Contemporary Evolution Theory”

 

November 1–5, 2016
Opening Reception: November 3, Thursday, 6–8 p.m.

Jadite Galleries
413 West 50th Street New York, NY 10019
212.315.2740
www.jadite.com

 

 

 

 

 

 MENs COLUMN

 

カッターナイフを使い白と黒の紙を重ねる技法を独自で編み出すことにより、切り絵の新しい表現方法を確立させた切り絵作家の平野千明(アーティスト名:KROUD)。

国立新美術館の日仏現代美術世界展での入賞を始め、エコール・ド・パリ展入選、ポルトガル・セトゥーバル博物館特別推薦展示、今年は新宿と日本橋の高島屋美術画廊巡回展を開催した。

一時活動を休止していたが、「現代型進化論」をコンセプトに再始動、来月3度目となるニューヨーク個展を開催する。その平野に聞いた。(高田由紀子、写真も)

 

切り絵を始めたきっかけは?

2008年に父が心筋梗塞で急死しました。普段と変わらない一日を過ごし、おやすみと見送った背中が最期の姿となりました。最も身近な者の死が私のアートの出発点です。

 

何枚も紙を重ねる技法を思いついた理由は?

僕はどこかの芸大を出たわけではなく、誰かに絵を教わったこともありません。試行錯誤を重ねながら少しずつ今の技法を確立してきました。最初は1枚の紙しか使用していませんでしたが、平面の中に奥行をもたせるためにはどうすれば良いか考え、4枚の紙を重ねるという技法に辿り着きました。

 

作品で苦労した点は?

紙の保存です。切り絵が芸術作品として認知されづらい一つの要因が紙という素材の弱さだと考えています。湿気に弱い紙は保存が難しく、芸術的価値の保管が最も難しい素材の一つです。いかに良い状態を保てるかが、最も苦労した点です。

 

 

 

 

 

今回の個展ではどんな作品を展示しますか?

今回の個展では「現代型進化論」をコンセプトにした作品13点を展示する予定です。テーマは「対極にあるものを同時実現した際に生まれる美しさの希求」です。生と死、動と静、白と黒という表裏一体のものは真逆に位置するがゆえに輝きを増します。現代型進化論では昆虫や動物などを表現しました。生物と機械が混生する現代において、無機物と有機物の同時実現は現代社会のもつ脆さと美しさを投影しています。現代における人類(生物)と機械の関係は、同時実現し得ない「何か」を求めているように映ります。KROUD作品の根源である「紙による機械的表現・無機物と有機物との融合」は現代社会に対する一種の訓示的表現です。私にとって切るということは空間を創造することです。今後も切り絵という技法を通じ、「空間」の可視化を追求していきます。

 

 

KROUD個展

11月1日(火)から5日(土)まで、ジェダイトギャラリー(西50丁目413番地。電話212.315.2740)で個展「コンテンポラリー・エボリューション・セオリー」を開催する。開廊時間は火曜から土曜日の正午から午後6時。レセプションは3日(木)午後6時から8時まで。

 

 

 

 

KROUD SOLO EXHIBITION  "Contemporary Evolution Theory"

 

 

 

KROUD’s  third  solo  exhibition  in  New  York  will  showcase  his  most  recent  paper-cutting  works  from Modern Theory of Evolution, in which he intentionally layers black and white papers to depict insects and animals to underline the coexistence of living organisms and human-made machines. The fusion of the  inorganic  and  the  organic  reveals  the  fragility  and  beauty  of  the  modern  world  we  live  in,  as  in Darwin’s  words  when  he  referred  to  his  work:  “We  are  in  a  new  phase  of  evolution  mediated  by machines.”  

KROUD’s  work  is  known  for  its  rigorous  and  meticulous  paper  cutting,  which  is  referred  as Kirie,  the Japanese  art  of  paper  cutting.  From  a  distance,  his  works  appear  to  be  photorealistic  paintings  with black inks, but they are instead created with layers of black and white papers that he painstakingly cuts. “To cut is to create space,” KROUD says. “Space is said to be a continuum of expanse – an entity that provides places for all material substance to exist concurrently. I aim to pursue ways of making ‘space’
visible through the art of paper cutouts.”  

KROUD has been exhibited widely in Japan and Europe and included in prestigious group exhibitions, including  in  the  National  New  Museum  and  Takashimaya  Co.  in  Tokyo,  the  2nd  École  de  Paris Contemporary Art World Exhibition in Paris, and the 46th Portugal Art Exhibition in Setúbal. This is his third solo exhibition in New York

 

 

 

 

 

Past Exhibition in NEW YORK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

Please reload

アーカイブ